もログ
チョモナ モ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
傾斜論 Cross Tilt 解説編
sunrise氏の表記法案の傾斜表現の話です


◆傾斜表現
部位番号を基準とする運動の際に生じる傾斜を以下のように表す。省略可。
ペンが部位に対して垂直に交わる : Cross
ペンが部位に対して傾いて交わる : Tilt
簡略的なものとして、[Cross]を[C]、[Tilt]を[T]として表記してもよい。
なお、当案での例では[Cross]と[Tilt]は、明記するのが適切と思われる場合を除き、省略の形をとる。
例)
ペンが中指に対して傾いて交わった状態で、中指の周りを正回転方向に1回転する運動 ⇔ 3+Tilt 1.0



crossは交差とか十字とかペケとかの意味です

tiltは傾斜とか傾くとか傾けるという意味です

要は指に対してペンが直角(cross)か斜めってる(tilt)かという話です

例いきます

Crossの例

1本指

 

2本指

   

 

 

ちなみにPBUD論での例の画像は全部crossです

角度(※1)が直角ではないけど大体直角(88度(92度)くらい)のやつはcrossで良いと思います

※1
角度ってどこ



Tiltの例

1本指

  

2本指

 

 

 

 





例としては以上です

3本指のcrossとtiltについてはどうでもいいと思います

tiltがどんくらい傾いてるかを抜きにしてどちら側に傾いているかというのを考えると2種類あるということについて考えると深みにハマりますが気が向いたらやります



現行の技がcrossとtiltどちらなのかを深く考えずに適当に当てはめていきます


Cross             Tilt
パス(ハーフガンマン)  ⇔(※2) ソニひね系(※3)
ガンマン          ⇔ バックアラウンド
フェイクドラダー      ⇔ チャージ(フェイクドソニック)
ラダー           ⇔ ソニック
縦スプ           ⇔ 横スプ


※2
⇔はイコール的な意味ではなくて左右でcrossとtiltを入れ替えるとそれぞれに対応するみたいな意味です

※3
ここを考え出すとやばいので気が向いたらやります


ノーマルとリバースは見た感じTiltっぽいけど定義上はCrossでごり押しした方がよさそうな気がする(おれの勝手な価値観)
1ガンマンという表現が出てきたりもするのでノーマルはtiltの方が良いかもしれないですね
専門外なので普通に疑問なんですけどインフィニティはどっちなのかよくわかりません




技に当てはめる例としては以上です



最後に氏による例

例)
ペンが中指に対して傾いて交わった状態で、中指の周りを正回転方向(※4)に1回転する運動 ⇔ 3+Tilt 1.0


※4
この例の場合これの赤矢印の方向が正回転方向ということになっています

この
3+Tilt 1.0
というやつ

これは普通に考えたら3バクリバまたは3シメバクです

ひねくれて考えれば
3バクリバは5で弾いて34キャッチでもいいし4で弾いて35キャッチ、5で弾いて35キャッチでもいい
3シメバクは1で弾いて23キャッチでもいいし2で弾いて13キャッチ、1で弾いて13キャッチでもいい

もっと捻くれたら左手を出動して補助ありでどこ始点でもいいのでtiltで1回転回せばいいということになります

3+Tilt 1.0 という表現は中指をTiltで1回転すればいいと言っているだけで
弾き方やキャッチは指定していません
悪い言い方をすれば曖昧だし良い言い方をすれば自由度が高いということになります

スポンサーサイト
[2017/03/26 10:05] | s | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

モ

Author:モ
skypeID:monaca_ps ほぼやってません

HP
twitter
tumblr
youtube
SkyDrive

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。