もログ
チョモナ モ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ロール、ピッチ、ヨー
ペン回しの話です
話がガバガバですがめんどくさいのでこれで公開します

ロール、ピッチ、ヨーという用語があります
座標系のxyzみたいなやつを定義してそれぞれの回転方向の挙動をどうのこうのというやつです
車や飛行機や船など乗り物で主に使われる用語で詳しい話はググってみましょう
まあ参考リンク貼ります

ロール
ピッチ
ヨー
(wikipedia)

ローリング・ピッチング・ヨーイングとは?車の基本的な挙動を解説!
(車のサイトです。ここがわかりやすいと思います)



ペン回しの話に入ります

ペン回しにおける手の挙動にあてはめます

一応ロール軸ピッチ軸ヨー軸を定義します

手はチョップの形を基本形にします
地面から平行に中指から手首まで貫通する方向にロール軸をとります
地面から平行に手のひらに垂直に手のひらを貫通する方向にピッチ軸をとります
地面から垂直にヨー軸をとります

チョップの状態をゼロとし、右ネジの方向に+をとると
手のひらが上を向くときロール+90度、手の甲が上を向くときロール-90度
指が下を向くときピッチ+90度、指が上を向くときピッチ-90度
指が右を向くときヨー+90度、指が左を向くときヨー-90度


簡単に言うと、
チョップの形を手の基本形にしたときに
ロールがドアノブを回す、鍵を回す動作
ピッチが手刀!チョップ!
ヨーがビンタ

です
上下、左右、前後の移動の動きではなく全て回転の動きです

ロール-90度のときピッチはボールをつく動作?ヨーは埃を払う動作?



結論からいうと基本的には技の一つ一つでこれらの動作(主にロール)が少なければ少ないほど技が美しく(熟練度、完成度が高く)見える、場合によってはわざとこれらの動作を味付けとして使うことも可能ということです
前者に関してはほとんどの場合歴を積みながら無意識のうちにだんだんとこれらの動作が少なくなっていくと思います



ロールの話

用法:「お前のネオサ、ロール激しくね?」

熟練度や完成度の話ではロールが一番大事になってくると思います
ロールはチャージにおける円軌道補正やコンバクなどのずらしが必要な場面のずらし補正で使えます
特にチャージにおける円軌道補正で使えるという部分がポイントになってきます
厳密にはピッチ、ヨー(またはロールも含め複数)で円軌道補正をすることも可能ですが手の構造的に陥りやすいのがロールでの円軌道補正です

初心者のころ、ちょっと難しめのピボットでのパスの時にチャージの完成度が足りず円軌道を補正するために手が余計な動きをしてしまったり、
ネオサで3爆に入る瞬間にガタッと無理やり手首をひねらないと繋げられない
まあロールに頼っているということになります

チャージでのロールを解消する方法としては各軸でのフェイクトソニックをひた練するしかないと思います
結局はフェイクトソニック
ピボットもやりましょう

ネオサですと3コンバクや3SAバクのスリップコントロール(※)が完成していればほぼロールに頼ることはないです
(微妙なロールは必要になってきます)
ホットピザ並みのネオサはもはや気持ち悪いですがね
ネオサは深いです

味付けとしてあえてどうのみたいな話としてはチャジガトが人によっていっぱいロールした方がかっこよくねとかです

他には手伏せ手起こしの切り替えしでどのタイミングでどの程度ロールするかとかです
代表的な例としてはネオバ小指流し→4ソニが上手いとか下手とかっていうのもロールが絡んだ奥が深い話だと思っています
この話はスピードコントロールや回転数(0.1回転単位)の話、手の形なども絡むと思います
深いです



ピッチ

用法:「お前のインフィ、ピッチ激しくね?」

インフィやってると意識することが多い、とbeige大先生から貴重な意見をいただきました
インフィ初心者は指の力でペンを動かせないのでピッチや上下運動に頼ってしまうとのこと
使い方によってテンポよくできたりするらしいです

あとガンマン系とかで絡みそうだとは思います

チャージの円軌道の勢い付けでやってしまう人もロールよりは少ないとは思いますが多少いると思います

ずらし、スリップコントロールでは絡んできます
ネオサにおけるコンバクのずらしや3SA爆のスリップコントロールでも絡むと思います
ネオサではロールとピッチをバランスよく使うことによってお互いの動作を最小限で済ませることができます
ネオサは深いです
個人的にはペン回しではピッチはあんま考える場面ないと思いますが面白い話があれば聞きたいです(beige大先生ありがとう)
味付けとして使うことも考えられますがちょっと使い方は思いつきません(インフィで使えるらしいです)



ヨー

用法:「お前のバックタップ、ヨー激しくね?」

チャージの円軌道を限りなく100%に近づけるための上級者向けのテクとして空想上は使えるっちゃ使えます
あ、このテクはピッチロールも使います
通常ロールピッチヨーの動作をゼロにした場合手の構造上チャージの円軌道は完成しても80%くらいでカンストします
めんどくさいので話はしませんがこのテクを使うよりは手を動かさない方が総合的に美しいと思います

回転数をどうにかしたりする場面で使ったりします
マルチプルとかSAとかタップとかで0.1回転足りない!とかいうときにヨーしてキャッチしに行ったりも出来るのでそういう部分での完成度熟練度に多少の関係はあると思います
ノーマルのスタートをヨー-180度からにしてキャッチでヨー+180度にして無回転ノーマル!とかいうネタも出来ます(dispense soloから拝借)
ネオサとかでも3SA爆が回りすぎてロールとピッチの先行動作が追い付かねえとかいう時に少しヨーして補正したりできます
ネオサは深いです
味付けの要素として自分はrose2ndjapen7thなどの〆前の手伏せソニひねでかっこつけでヨーを深くとっています、rose2ndが顕著です



ちなみにロールピッチヨー以外にも手自体の上下、左右、前後の移動の動き(腕の動き、肘、肩、体の動き)も考えるとめんどくさいのでやめます
俗にいう(?)叩きつけ型ネオサなんかの話はめんどくさいのでしません
ネオサは奥が深い



(※)適当に考えた用語です、適当に解釈してください



とりあえず飽きたのでやめます
モナG3の話と含めて加筆修正は気が向いたらやります

[2017/02/25 09:17] | 回しの話 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<シメトリカルガンマンは完全にガンマンのシメトリカルではない | ホーム | モナG3の細かい話>>
コメント
本記事については回転軸のみの話となっていますが、叩き付けネオサという言葉から察するにxyz軸の移動もペン回しにおいては重要な項となるのでしょう。確かにSunriseさんやSimizineさんといったネオサの見栄えが良い人たちは前後(Y軸)の移動を大き目にとることでダイナミックな動き、ネオサらしい大味な技に表現できているような気がします。また、大技についてもピッチのレベルを超えた上下(Z軸?)の移動が行われているものがあり、意図的に移動範囲を制御できれば幅が広がるのかなと。軸移動や軸回転はほとんどの技は小さい方がスマートでかっこいいものですが、これらの全くないペン回しは機械的であまり面白みのないペン回しにしかならず、メリハリよく使うとより表現力の高いペン回しになると私は思いました。
[2017/02/25 12:24] URL | Lady Giga #- [ 編集 ]
Lady Gigaさん>
貴重な意見ありがとうございます!

>xyz軸の移動もペン回しにおいては重要な項となるのでしょう
その通りです
仰る通りダイナミックさなどという点で大きく関わってくる話になるでしょう
メノワさんのようにコントロールできている神もいらっしゃって実際に幅を広げていますよね!

>これらの全くないペン回しは機械的であまり面白みのないペン回しにしかならず、メリハリよく使うとより表現力の高いペン回しになると私は思いました。
より高次元の話をするとなれば僕もそう思います
軸回転をゼロに近づけるほど完成度熟練度は高く見えますがある程度のラインを超えてしまうと機械的という印象を受けてしまうのだと思います
そのラインというのも個人の手の形やクセ、環境や軸移動によって線引きが変わってくると思います



[2017/02/25 13:51] URL | モ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://monamonamonamonamona.blog59.fc2.com/tb.php/383-5f5852bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

モ

Author:モ
skypeID:monaca_ps ほぼやってません

HP
twitter
tumblr
youtube
SkyDrive

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。